健康的な生活で敏感肌の改善を

敏感肌の人が丈夫な肌になるための秘訣
体の健康状態と肌は密接な関係にあります。生活習慣が乱れていれば肌も荒れやすく、敏感肌の人は特に症状が現れやすくなります。敏感肌はほこりや紫外線など健康な肌ならなんともないような刺激でも反応し、炎症をおこすやっかいな肌です。まず敏感肌の原因ですが、体質も大きいですが加齢・乾燥・肌に合わない化粧品を使う・食生活の乱れなど様々な要因があり、ひとつとは限りません。これらの要因が重なって肌が荒れ、敏感肌を悪化させるのです。

正しく健康的な生活習慣はきれいな肌作りにもつながります。最も大きなものは食生活です。バランスを考えて献立をたて、野菜を豊富にとりましょう。特に肌に良いとされているのは緑黄色野菜です。カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜には肌に良いとされるビタミンA、ビタミンcが多く含まれています。ビタミンAは皮膚や粘膜を強くし、ビタミンcは刺激に対する免疫力をつけ、抗酸化作用もあります。

他にも睡眠や運動も重要です。睡眠不足は肌荒れにつながり、運動不足は血のめぐりや代謝を悪くし、肌の抵抗力を低下させます。精神面ではストレスの適切な対処も必要になってくるでしょう。不快なストレスは心身を弱らせ、様々な障害をもたらします。このように日頃の生活を見直すことは健康的な肌づくりだけでなく、同時に体調や健康、精神面などすべてに良いものとなります。日頃の生活習慣を見直し、改善することで肌も体調も改善することができるでしょう。

関連情報

Copyright 2017 敏感肌の人が丈夫な肌になるための秘訣 All Rights Reserved.